神奈川県大磯町における運動器機能低下スクリーニング及び介入に対する産官学の取組(アルケア株式会社)

2018年1月11日

弊社は、整形外科のギプス・人工肛門装具等の医療材料を主に医療機関向けに提供させて頂いている医療機器メーカーです。この度、神奈川県大磯町様と東海大学様と弊社の産官学連携により、一定の知見を得たので報告させて頂きます。日本は、世界でも類を見ないスピードで高齢化が進み、地域住民の健康維持の為には、科学的妥当性・再現性高いシステムを構築し、事業として確立することで地域経済が持続可能になると考えております。

その課題解決のために、大磯町の中﨑町長(医師)、東海大学生涯スポーツ学科中村豊教授(整形外科医師)、弊社代表の鈴木輝重が“おおいそ産官学コンソーシアム”(以下産官学)を結成いたしました。産官学共通の課題認識として、介護主要因である運動器機能低下≒ロコモティブシンドローム (以下ロコモ)を見つける特定健診のようなスクリーニングの仕組みから運動機能低下者を抽出し、保健指導のような個別性の高い介護予防を適切な行政リソースで実施し身体機能向上が実現されることとしました。三者の役割は、大磯町は住民のリクルート及び場の提供、東海大学は研究責任及び学生派遣、弊社は企画及び必要物品の提供を行い実施致しました。平成27年度は経済産業省の委託を受け、健康寿命延伸産業創出推進事業として実施致しました。

運動器機能低下スクリーニング(ロコモ健診)は、ロコミル(ロコモを診る)、介護予防教室は、アンチロコモ(ロコモにならない)教室とそれぞれに名称をつけ実施致しました。

ロコミルの測定内容は、ロコモ度テスト(立ち上がりテスト、2ステップテスト、ロコモ25)と下肢筋力測定器(ロコモスキャン)による測定を実施し、日本整形外科学会が策定した臨床判断値により、ロコモ度1(移動機能の低下が始まっている状態)、ロコモ度2(移動機能の低下が進行している状態)と評価します。住民の利便性を考慮し、大磯町で行われている集団健診の場で実施しました。

 

アンチロコモ教室の実施内容は、「ときどき学び」(健康講話:健康リテラシー向上を目的)

「日々努力」(運動指導:自宅での下肢筋力向上のセルフエクササイズのフォームチェック)「日々振り返り」(介護予防手帳:毎日の筋トレ・有酸素運動・体調等の管理)「ときどきからだチェック」(下肢筋力測定:セルフエクサイズの効果測定)を月に1回町の公的施設に集まって、約2時間実施しました。半年で全6回の介護予防教室です。下肢強化特化型の介護予防教室は、参加者の下肢状態に合わせて、高強度・中強度・低強度・ケア体操の4種類で個別性を確保しています。

まずロコミルの横断結果をお示しします。2015~2016年の新規受診者のみの798名(男性305名/平均年齢66.4歳±7.6歳、女性493名/65.5歳±7.4歳)でメタボ該当者は約2割(177名、22.2%)であるのに対しロコモ該当者は約6割(455名、57.0%)となりました。また、全体の14.4%(115名)がロコモ・メタボの両方に該当していることが分かりました。

男女・年代・体型別にみていくと、男女ともに加齢に伴い、ロコモとメタボのダブルリスクに移行している可能性を示しました。また、現在の特定健診では、健康・異常なしと診断される方の中の男性の約3割、女性の約4割がロコモのみに該当するケースも散見され、太っていてロコモ、痩せていてロコモの異なるキャラクターが浮かび上がりました。男女ともに半数以上(男性52.8%、女性59.7%)がロコモに該当していることから、ロコモ健診において運動機能の低下を見つけることは男女問わず有用であると考えられます

男性のメタボ該当率(33.8%)に対し、女性のメタボ該当率(15.1%)は男性の約半分で、女性ではメタボには該当しない「ロコモのみ」の該当率(48.5%)が高いことから、特定健診のみでは拾いきれない女性の健康課題が見えてきました。

次にアンチロコモ教室の介入結果をお示しします。2015年と2016年に開催した教室では

継続参加率は87.6%(169名中148名)であり、データ欠損の無い128名において検討をすると、9種類の測定項目の中の6項目には差がありませんでしたが、バランス能力、下肢筋力、1ヶ月の運動に関する質問票の3項目に向上の傾向が見られ、128名中107名83.6%の下肢筋力が向上する結果となっています。

 

平成28年度の国民生活調査では、要介護になる原因の一位が認知症となりましたが、要支援になる原因は、関節疾患/骨折・転倒が一位となっています。運動器の機能低下は緩やかであり、自身で気づく機会は多くありません。今回の産官学事業の知見を活かし、弊社としては、運動機能測定商品を提供することで様々な所での”ロコモを知り、改善できる場づくり”のお役に立ち、運動機能を改善したいと願う人達の”人づくり”のための運動管理のノウハウ・ドゥハウを提供することで地域包括ケアのお役に立ちたいと考えております。

 

 アルケア株式会社 ヘルスケア事業部 部長 関 良一

 

森永乳業の健康・ヘルスケア分野の取り組みの御紹介

2017年12月26日

当社は食品企業として、常に皆様の健康のお役に立ちたいと思っています。私たちはこれまでビフィズス菌やラクトフェリン等、生理活性機能を持つ食品素材に着目し、長年研究を続けてまいりました。以下にその一端をご紹介いたします。

ビフィズス菌は大腸に棲んでいる腸内細菌の一種で、乳幼児~成年期には多く、加齢に伴って腸内での割合が減少することが知られています。健康に生まれた赤ちゃんの腸内フローラは、90%以上がビフィズス菌です。然しながら出生時の体重が1,500g未満の極低出生体重児や超低出生体重児は腸管が未発達のためビフィズス菌の定着が遅れ、悪玉菌が増えてしまいます。当社では大学病院との共同研究を行い、独自に開発したビフィズス菌を極低出生体重児や超低出生体重児に投与することで、ビフィズス菌優位な腸内細菌叢をより速く形成し、新生児にとって危険な疾患を予防できることがわかってきました1),2) 。現在は、NICU(新生児集中治療室)や小児科などの全国の施設にこのビフィズス菌が提供されています。また国内だけでなく、2012年からはオーストラリアのNICUで、また近年はニュージーランドやシンガポールのNICUでも使用されるようになりました。

また、弊社ヨーグルト製品に使用されるビフィズス菌BB536は、その整腸作用3)が 認められ、特定保健用食品としてスーパーマーケットなどで販売されており、生きたビフィズス菌を手軽に摂取いただくことができます。このBB536はその後の研究で、肉食による腸内環境の劣化に対し、ビフィズス菌の減少を抑制し、また悪玉(ビロフィラ)菌の増加を抑制することが判っています4。「お腹のメンテナンスにはビフィズス菌!」と覚えていただければ幸いです。

ラクトフェリンは、初乳に多く含まれる鉄結合性タンパク質で、赤ちゃんの免疫に寄与する成分として着目されてまいりました。ラクトフェリンは鉄に結合しているため、蛋白質としては珍しく赤色であることが特徴です。

ラクトフェリンが有する生理作用は、その対象が赤ちゃんだけにはとどまらず、国内外の研究者によって数多く研究され、2017年12月19日現在で、11,000件を超える論文が報告されています(SCOPUS調べ)。

昨年も、慶応大学らのグループから興味深い研究結果5が報告されました。

即ち、通常私たちの体内では、生体内外から有害な刺激を受けた時に、自分を守るために「炎症」という反応を起こします。この炎症により外部から侵入した菌を殺すことなどが出来ますが、逆に炎症が激しすぎると、自分自身に害を及ぼし、感染症、自己免疫疾患、血栓症、動脈硬化症などを引き起こします。このため激しすぎる「炎症」に対しては、ステロイドなどの薬剤(抗炎症剤)を使用しますが、これらの薬剤は副作用も強く、問題となっています。

炎症反応にはいくつかの仕組みが有りますが、2004年にこれまでの概念を破る「NETs(好中球細胞外トラップ:Neutrophil Extracellular Trap)」という現象が報告されました6。NETsは、白血球の一種である好中球が特定の刺激を受けて、あたかも爆発するようにDNAやヒストンなどの核成分を放出するのですが、ラクトフェリンは、このNETsが放出される直前に凝集させることで核成分の放出を防ぐ作用があることが判りました。今後はステロイド剤などに代わる、より安全な抗炎症剤となることが期待されています。

この他にも機能性ペプチドなど、多くの研究開発を行っておりますが、残念ながら字数が尽きてしまいました。今後、本コンソーシアムの中で健康寿命の延伸を目指し、私たちは食の分野からアプローチしていきたいと存じます。

森永乳業は、おかげさまで創業100周年を迎えました。今後も皆様のかがやく“笑顔”のために、取り組んでまいりたいと思います。

 1)PLOS One 11(3), e0150775-,2016
  2) 日本小児科学会雑誌 108,283-,2004
  3) Biosci Microflora 16, 73-, 1997
  4) Benef Microflora 7(4), 473-, 2016
  5)EBioMedicine 10, 204-,2016
  6)Science 303(5663), 1532-, 2004

 

森永乳業株式会社 研究本部研究企画部 素本友紀

 

赤色が特徴的なラクトフェリンの粉末

地域に連携したドラッグストアの役割と現場対応力(株式会社スギ薬局)

2017年12月14日

当社では、処方せん調剤や一般薬・化粧品のカウンセリング販売を行うほか、病気予防のための健康相談、さらには在宅医療をも担っています。地域のお客様、患者様に、それぞれのライフステージに適した質の高いトータルヘルスケアサービスを提供しています。

~町のかかりつけ薬局として予防から看取りまで~

○ドラッグストアの役割

処方せん調剤のほか一般用医薬品やサプリメント、健康食品のカウンセリング販売を行っています。健康なときも、病気のときも、寝たきりのときも、専門の立場から適切なアドバイスをさせていただくのが、『あなたの町のかかりつけ薬局』なのです。

~地域の生活者のあらゆる健康・疾病相談の“窓口”に~

~地域の生活者のあらゆる介護相談の“窓口”に~

~地域の相談場所に~ “お客様の状態に合致した商品・食事”の提案へ~

現在、世界に類を見ない急速な高齢化の進展に伴い、健康寿命の延伸が国家的な課題となっています。当社では、この課題に対応すべく、「健康の維持」「未病」「予防」の領域を深耕し、地域の皆様が、心身共に健康で快適な社会生活が送れるよう、薬剤師のみでなく、管理栄養士による「食生活の改善」「適度な運動」のアドバイスなど、積極的な健康の維持・増進をサポートさせて頂くことで、お客様の”ウェルネス”実現を追及してまいります。そして、「あらゆる人々の幸福を願い、笑顔を増やします」という理念のもと、地域の皆様から、身近で気軽に、頼って頂ける存在を目指します。

スギホールディングス株式会社 代表取締役副社長

杉浦 昭子

産総研-理研合同シンポジウム開催のお知らせ

2017年12月12日

産総研のヘルスケア・サービス効果計測コンソーシアムと理研健康脆弱化予知予防コンソーシアムの合同シンポジウムを以下のとおり開催させていただきます。

本シンポジウムでは、両コンソーシアムがアカデミアの立場で相互に連携することの意義や産業界・社会からの期待について議論いたします。

★プログラム、申し込み方法等につきましては、決まり次第、ご案内させて頂きます。

————————————————————————
【日 時】2018年3月5日(月)13:00~(17:00終了予定)
【場 所】コングレスクエア日本橋 コンベンションホールA・B
     東京メトロ「日本橋駅」(B9出口)直結
     東京建物日本橋ビル2階
     http://congres-square.jp/nihonbashi/
【主 催】理化学研究所健康脆弱化予知・予防コンソーシアム
     産業技術総合研究所ヘルスケア・サービス効果計測コンソーシアム
     https://unit.aist.go.jp/waterfront/ebhw/index.html
【参加費】無料
————————————————————————

運営委員会幹事 塚本勝(公益財団法人ライフサイエンス振興財団)

2017年12月11日

当財団は、ライフサイエンス(生命科学)に関する科学技術の振興に資することを目的として、昭和58年12月に「財団法人」として設立され、平成23年9月1日には、新公益法人制度の下で従来の事業内容を継承・実施する「公益財団法人」へと移行し、今日に至るまで約34年間にわたり、研究助成、国際交流援助等に係る活動を継続して進めています。

これまでの間に、ライフサイエンス分野の諸先生のご協力のもとに、財団設立以来411課題、総額5億4千万円にのぼる研究助成事業を行ってきました。また、ライフサイエンスに関する国際学会あるいはシンポジウムの国内開催援助(117件、4千百万円)を行うとともに、海外における国際学会への参加等に必要な渡航費の助成(179人、5千2百万円)も実施してきました。その他、関連する普及啓発活動も行ってきました。 当財団の主要業務である研究助成事業においては、以前から特定分野として2~3の分野を設定して募集、選定を行ってきましたが、特定分野の検討に当たっては、急速に進展しているライフサイエンスの最近の研究開発状況を踏まえ、今後の見通しを得ておくことが重要と考えています。このような観点から、今後ますます本格化する我が国の超高齢社会と健康長寿に資するライフサイエンスにおける研究開発の特徴、現在までの研究開発の進展状況、今後の中長期を見通した研究開発の発展方向、推進すべき研究開発テーマなどについて、平成28年度に東京都健康長寿医療センター研究所の新開省二副所長にお願いをし、動向調査レポート「ジェロントロジー(老年学)における健康長寿に関する研究の動向と今後の展望」として取りまとめていただいたところです。また、上記の研究助成事業の特定分野としても、平成24年度から「健康科学(健康な高齢期を迎えるための)」を設定して研究助成を行っています。 「健康脆弱化予知予防コンソーシアム」の活動にはその発足当初から関心を深めているところであり、コンソーシアムの運営委員会幹事として、理化学研究所をはじめとする様々な大学、企業、医療・福祉関係機関等の方々の活発な情報交換、産学官連携事業の促進に少しでもお役に立てればと考えています。

  公益財団法人ライフサイエンス振興財団 常務理事
健康脆弱化予知予防コンソーシアム運営委員会幹事
 塚本勝

運動機能&認知機能合同研究会・懇親会開催(12/20)のお知らせ

2017年11月27日

【運動機能&認知機能合同研究会・懇親会】

■日 時
  研究会: 12月20日(水)14:30-17:30(14:20受付開始)
  懇親会: 12月20日(水)18:00-20:00

■場 所: 理化学研究所 東京連絡事務所
      http://www.riken.jp/access/tokyo-map/

■参加条件
  健康コンソーシアムの会員で、運動機能研究会または認知機能研究会の会員の方